まるちゃんの気まま旅日記 本文へジャンプ
 


龍野 白鷺山公園入口 GoogleMap






夕焼け小焼け歌碑 龍野揖保川遠望 里の秋歌碑
夕焼け小焼 作詞 中村 雨紅  作曲 草川 信
「夕焼け小焼」のうたが、いつ、どの様にして作詞されたか正確にわかってはおりません。多分、大正12年頃の作品らしく、「文化楽譜、あたらしい童謡」と表紙をつけて発表されました。残念な事にその楽譜も関東大震災でほとんど消失し、わずか13部ばかりが残り、それがもととなりひろがったと言うことです。

里の秋 作詞 斎藤 信夫  作曲 海沼 実
この童謡は、昭和16年に出来上りました。戦地に赴いている父親を案じる家族達を思って書かれた歌詞と悲しみの抒情的メロディが、親子の絆の深さを訴え、多くの留守家族に強い共感を与えました。
                                       (現地案内板より)

この二つの歌碑は、国民宿舎 赤とんぼ荘から白鷺山山頂へ登る童謡の小径にあります。
白鷺山の古墳 三木清レリーフ・歌碑・哲学碑 五月の台広場
白鷺山(しらさぎやま)の古墳
遠く瀬戸内海を臨み、揖保川の清流と龍野市内を見下ろす白鷺山には、先人の築いた二つの古墳が知られています。
その一つは、昭和36年(1961)年の赤とんぼ荘建設時に発見された石棺で、内部には人骨や2面の銅鏡(どうきょう)(市指定文化財)が残っていました。
古墳の年代は古墳時代前期、約1750年前の3世紀と推定されます。
いま一つは、この説明版の足元にある古墳です。大きな石が見えていますが、これは横穴式石室の天井石と考えられ、年代は古墳時代後期、約1400年前の6世紀末と推定されます。
これらの古墳に葬られた人は古墳時代の龍野を舞台に活躍し、眺めのすばらしい白鷺山を永眠の地に選んだのでしょう。
    平成17(2005)年3月 龍野市教育委員会 
(現地案内板より)



まるちゃんの気まま旅日記ホームへ