まるちゃんの気まま旅日記 本文へジャンプ
 

大避(おおさけ)神社



大避神社
644年に蘇我入鹿の乱を避け坂越にたどり着き、千種川流域の開拓に尽くされた秦河勝を祭る坂越の氏神
(坂越散策マップより)
祭神 秦河勝・天照皇大神・春日大神
神社の創立時期は明らかではないが、播磨国総社縁起によると養和元(1182)年に祭神中太神24座に列せられ、当時すでに有力な神社であったという。
現在の本殿は明和6(1769)年、拝殿と神門は延享3(1746)年に再建されたもの。
(文化財をたずねて No.3「坂越港周辺」の史跡めぐり 発行 赤穂市教育委員会 編集 生涯学習課文化財係(赤穂市加里屋81 TEL07914-3-6868より抜粋)



大避神社拝殿 大避神社本殿 楽船
神門付近から見た生島 梅原猛先生句碑 大避神社(展望台より)



まるちゃんの気まま旅日記ホームへ