まるちゃんの気まま旅日記 本文へジャンプ
 

坂越(さこし) GoogleMap



坂越(さこし)の町は、聖徳太子の時代からの古い歴史を持つ。
波静かな瀬戸内海の坂越浦に浮かぶ生島(いきしま)は、644年蘇我入鹿の乱をのがれた秦河勝(はたのかわかつ)が上陸した島として、墓所が築かれ、それ以来神地とされたため、島全体が原生林に覆われている。
また、秦河勝を祭り、坂越の氏神でもある大避(おおさけ)神社や行基菩薩が開山したと伝えられる妙見寺の建つ山の麓には、千種川と瀬戸内海の良港坂越港を結ぶ大道(だいどう)を主軸に発展した町が、その古い町並みを今に伝えている。
                                      坂越散策マップ    さこし自然と歴史の森ウォーキングマップ



宝珠山妙見寺 大避神社 児島高徳御墓所
坂越浦城跡展望台 坂越の町並み 坂越まち並み館
旧坂越浦会所 木戸門跡 生島 御旅所・船倉
釣り風景 海の駅しおさい市場



まるちゃんの気まま旅日記ホームへ