まるちゃんの気まま旅日記 本文へジャンプ
 

室津
 GoogleMap



室津 歴史とロマンのまち
室津は、此の泊 風を防ぐこと 室の如し (播磨国風土記)と記されているように古来より天然の良港です。奈良時代には僧行基によって摂播五泊の一つに定められ、江戸時代には参勤交代の西国大名の上陸地として大いに栄え「室津千軒」といわれました。また、井原西鶴や谷崎潤一郎などの小説の舞台になり、多くの悲話や伝説を秘めた歴史と旅情の土地であり、美しい瀬戸内の風光に恵まれた港町です。
                                                                                  海駅のまち「室津」観光案内版





賀茂神社 浄運寺 浄運寺付近
遊女 友君の塚 たつの市立室津海駅館 室津民俗館
室津の街並 見性寺 唐荷島

本陣肥後屋跡 清十郎生家跡 お食事処 まるよし
カキ直売所 御津 世界の梅公園



まるちゃんの気まま旅日記ホームへ