まるちゃんの気まま旅日記

小早川氏城跡 三原城跡
三原城跡
三原城跡 二つの城跡
国史跡 小早川氏城跡 三原城跡 昭和32年12月11日指定 所在 三原市館町・本町・城町
三原城は、瀬戸内海の水軍を掌握していた小早川隆景が、永禄10年(1582)前後と、慶長元年(1596)のころ偉容を整えたといわれる。
城は、海に向かって船入りを開き、城郭兼軍港としての機能をそなえた名城で、満潮時にはあたかも海に浮かんだように見えるところから浮城(うきしろ)とも呼ばれた。
小早川氏のあと福島氏、浅野氏の支城となり、明治維新後、一時海軍鎮守府用地となったが、沼田川の堆積作用などを理由に変更され、建物・樹木などが競売に付された。
その後、鉄道が本丸を貫き、明治27年(1894)6月には、三原駅が開業した。
今では、市街化がすすみ、天王台とそれをめぐる濠、船入跡、船入櫓跡及び本丸中門跡を残すのみである。

天守台石垣(館町)
日本一の規模を持つこの天守台は広島城の天守閣なら六つも入るという広さを持つ。
三原城が造られた1567年より約10年後に信長によって安土城が造られ、初めて天守台に天守閣が聳えるようになり、以後全国に流行しました。
然しこの三原城築城の時はまだ天守閣を造る思想のない時代だったと考えられます。山城から平城に移行する時代のごく初期の城築です。
この裾を引いた扇の勾配の美しい姿は群を抜きます。
しかも余人は真似るべきではないと言われた「アブリ積み」という特殊の工法は、古式の石積形式を四百年経た今日まで立派に伝えております。
1707年の大地震では、城内を役夫二万五千人を動員して修理した。しかし破損箇所は・・・・
「元のごとく成りがたかりしを、伝右衛門(竹原市下市)をして築かしめられけるに、遂に築きおさめれば・・・」
とあるが、これは東北陵面のことと推測します。
(現地案内板より)
  城跡と新幹線駅

まるちゃんの気まま旅日記ホームへ