まるちゃんの気まま旅日記 本文へジャンプ
 


幸魂(さきみたま) 奇魂(くしみたま)




 

幸魂(さきみたま) 奇魂(くしみたま)
時に海を照して依り来る神あり
吾在るに由りての故に汝その国
造りの大業を建つるを得たり
吾は汝が幸魂奇魂なり
大国主神これ吾が幸魂奇魂なり
けりと知りぬ
古事記また日本書紀に述べるところであります。出雲大社の御祭神大国主大神はこの幸魂奇魂の”おかげ”をいただいて神性を養われ「ムスビの大神」となられました。生きとし生けるものすべてが幸福になる「縁」を結ぶ”えんむすびの神”と慕われるゆえんであります。
およそ人が人であるということは幸魂奇魂というムスビの”みたま”をわが身にいただいて霊止すなわち人として生かされているからであります。大神からいただいたこの”いのち”を感謝して大切に正しくこれを生かしきりましょう。
出雲大社ではこの御神教にちなんで
ききみたま くしみたま
まもりたまひ さきはへたまへ
と唱して御神縁を祈念いたします。
この「ムスビの御神像」は大国主大神が有難く「幸魂奇魂」を拝戴される由縁を象徴しております。





まるちゃんの気まま旅日記ホームへ