まるちゃんの気まま旅日記 本文へジャンプ
 


一畑薬師 舎利弗尊者





舎利弗尊者
舎利の子であるというところから舎利弗と名付けられたものと見えます。舎利は母の名、弗の字は子という字になります。父は底沙という婆羅門の大学者でした。彼は天性特に秀でて弁才多智の人でした。出家の身となり婆沙門教師の弟子となり、すべての羅漢の中での第一の智慧者でした。
尊者舎利弗は、一切の智慧宝を成就し知徳を備え常によく教え、よく大法を讃歎し大衆を導かれしも、後、病に伏し涅槃に入り釈尊は舎利弗のために一塔を毘舎離城門外に建てられました。



(現地案内板より)



まるちゃんの気まま旅日記ホームへ