まるちゃんの気まま旅日記 本文へジャンプ
 

姫路城 姥(うば)が石 



姫路城 姥が石
羽柴秀吉が姫路城を築くとき石集めに苦労していました。城下で餅を焼いて売っていた貧しいお婆さんが、そのことを聞いて、使っていた石臼を寄付しましたので、秀吉は喜んでこの石を使いました。この評判はすぐ町中にひろまり、国中からたくさんの石が寄付され、お城の建築は急速に進み、立派に完成したと語り伝えられています。





まるちゃんの気まま旅日記ホームへ