まるちゃんの気まま旅日記 本文へジャンプ
 

姫路城 天守閣 最上階



姫路城大天守の最上階には神社が祀られている。ここからの眺望は最高。

御祭神 姫路長壁大神  播磨富姫神
姫路刑部(おさかべ)大神は延喜式に、富姫神は播磨国大小明神社記に記され、古代より姫山に鎮座された由緒のある地主神である。
城主池田輝政が、城内「との三門」の高台に祀り歴代城主は手篤く崇敬する。寛延元年(1748)城主松平明矩(あきのり)のとき長壁(おさかべ)大神と改める。
明治12年(1879)総社に移されたが、のち勧請され天守楼上に祀る。
明治15年城内備前屋敷の火災・昭和20年7月3日(1945)大空襲には、奇跡的に炎上を免れた。
姫路城の守護神であり、火災・災害等に霊験あらたかで、人々の信仰が篤い。
毎年6月22日、ゆかた祭りとしてご神徳をたたえる。
        姫路城を守る会





まるちゃんの気まま旅日記ホームへ