まるちゃんの気まま旅日記 本文へジャンプ
 

姫路城大手門と桜門橋




姫路城大手門と桜門橋
姫路城の大手門は、本来三重の城門からなり、場内では最も格調高くかつ厳重でした。現在「大手門」と呼んでいる大型の高麗門は昭和13(1938)年に完成したもので、位置や大きさは江戸時代のものとは全く異なっています。また、大手門前の内掘には桜門橋という木造橋が架けられていました。今回復元した桜門橋は、発掘調査で出土した遺構を活かしながら、江戸時代の木橋をイメージして平成19(2007)年に築いたものです。







まるちゃんの気まま旅日記ホームへ