まるちゃんの気まま旅日記

姫路城 西の丸




姫路城 西の丸
この庭園は、姫路城主本多忠政が、大坂夏の陣のあと将軍徳川秀忠の長女千姫をめとった息子忠刻夫妻のために、元和4年(1618年)に立派な御殿を建てていたところで、中書丸(一名天樹院松)といわれていました。
御殿を囲むように築かれた300m近かい長大な建物は通称百間廊下といい、その右の方の部分は西の丸長局(ながつぼね)と呼ばれ千姫お付の女性達が住んでいたといわれています。
その右端の部屋は、千姫が近くの丘にある天神様を拝むために、身づくろいしたり、化粧直しをしたといわれ、化粧櫓と呼ばれています。
外側の原生林を活かし、自然の地形に合わせて延々と続く建物は珍しいものですが、背後の断崖や狭間を見るとやはり厳重な防備を持つ城郭です。しかし、化粧櫓などの部屋には極彩色の豪華な装飾が施されていたといわれ、御殿が滅失している今、千姫なごりの貴重な建物です。





まるちゃんの気まま旅日記ホームへ