まるちゃんの気まま旅日記 本文へジャンプ
 

姫路城 東・西大柱



旧西大柱



旧西大柱
ここに展示しているのは旧西大柱で、この柱は、かって大天守の地階床から六階床までの各階を、もう一本の東大柱とともに些(いささ)かの躊躇(ためら)いもなく力強くつらぬき通し、木造の大きく複雑な重層構造を二本の大柱が構造主体となり、一本が百トンもの重量を支えて三百五十年もの長きにわたり大天守を守り続けてきた。
然しその間、両大柱とも明暦二(1656)年(城主榊原忠次ーただつぐ)に、柱や土台などの腐朽で床面に高低が生じ、このため大柱の根元を高さ2.4m、柱四面の間仕切り部分を刳(く)り貫き、ここに幅36cm、奥行きもほぼ同じ大きさの栂(つが)の角材を挿入し、帯鉄(おびてつ)巻き鋲釘(びょうくぎ)止めで固定するという補強工事が行われた。。その後、貞享四(1684)年には、先の明暦二年に行われた修理材の上に補強材を加える工事が行われた。
このように築城後350年を大天守と共に歩んできた西大柱が昭和大修理(昭和31年〜昭和39年)で、柱真に腐れのあることが分かり、取替えを余儀なくされ、新しい柱を後事に託して、今ここに創建材の資料として展示している。
西大柱のこと
旧西大柱の下方は樅(もみ)材、上方が栂(つが)材で三階床上(下方から14.5mの位置)で二本継ぎになっていたが、全長24.7mにわたり中心部が蒸腐(むれくさ)りを起し再用不能で今回の修理では、桧材で取替えることになり、旧東大柱と同様、一本材の柱にすることになった。
ところが、原木を山から搬出途中に折損事故が起こり、修理では元通り三階床上での二本継ぎの柱になった。新しく取替えられた桧材は、下方が岐阜県恵那郡付知町の国有林から、また上方は兵庫県神崎郡市川町笠形神社から伐出されたものである。
ここに展示したのは二本継ぎで使用されていた旧大柱で、明暦二年と貞享四年の修理の痕をはっきりとみることができる。
東大柱のこと
もと、東大柱は樅(もみ)材で、継手なしの通し柱であったが、今回の修理では根元5.4mを台湾桧で根継ぎして再用された。根継ぎのために切断された旧東大柱の根元部(長さ5.4m、太さ横幅95.4cm、奥行幅75cm)には、明暦と貞享年間に行われた修理の痕跡が旧西大柱同様に歴然と残されている。(旧東大柱根元の切断された材は、旧状の儘で現在、兵庫県立歴史博物館で展示されている。)
旧大柱の寸法
総長24.7m  上柱の長さ12.4m  下柱の長さ14.5m(継手長さ2.2m) 根元の太さ横幅95.4cm 奥行幅75cm  末径54cm角  総重量約6屯





まるちゃんの気まま旅日記ホームへ