まるちゃんの気まま旅日記 本文へジャンプ
 

姫路城 GoogleMap




姫路城大天守保存修理工事(2009〜2014)
姫路城の屋根瓦の葺き直しや漆喰壁の塗り直しの工事が間もなく始まる。その間、大天守は素屋根で覆われあの雄姿は見えなくなるが、素屋根内部から補修の様子を間近に見る事が出来る。素屋根内部ではエレベーターでの見物もできる。雄姿を見るなら今。

姫路城の歴史

播磨平野の中心,姫山の上に、白い高雅な姿を見せて姫路城がそびえる。白鷺の飛び立つ様に似て白鷺城とも呼ばれ、西南の役で熊本城が、そして太平洋戦争で名古屋城も昔ながらの面影を留めていない今日、姫路城は名実ともに日本一の名城である。姫路城の歴史は、遠く1333年(元弘3年)にさかのぼる。播磨国の守護職、赤松則村が護良親王の令旨を奉じ北条氏討伐の兵をあげて、ここに砦を築き、1346年(正平元年)則村の子、貞範が城館を初めて築いたのである。(最近の研究によれば、赤松築城説を否定し、築城は16世紀中頃の黒田重隆、職隆父子以前にはさかのぼれないとする説が出されている。
ー昭和63年(1988年)刊行・姫路史第14巻「別編 姫路城」−
その後、羽柴秀吉が黒田孝高の勧めに従い、毛利攻略の根拠地として1581年(天正9年)三層の天守を築いたが、関ヶ原の戦いのあと播磨領主に封ぜられた徳川家康の女婿、池田輝政が1601年(慶長6年)から8年の歳月をかけて完成したのが、現在の五層七階の天守である。
これは西国にある豊臣恩顧の諸将に対峙する西国探題職として家康がこのように大規模な城を築かせたのである。
そして池田氏のあと入部した本多忠政のとき、その子忠刻の室に千姫を迎え化粧櫓や西の丸を築き、1618年(元和4年)今日見られるような全容を整えた。
その後城主は松平、榊原の諸氏を経て酒井氏が世襲して明治に至った。明治初代、この城も廃棄される運命にあったが、陸軍省中村重遠大佐の建言により保存された。そして幸い太平洋戦争下の被爆もまぬがれた。
昭和6年(1931年)には大天守、西小天守、乾小天守、東小天守とこれを結ぶ4棟の渡櫓が国宝に、それ以外の建築物74棟の建物が重要文化財に指定され、昭和31年(1956年)中濠以内107haが特別史跡に指定され、また、平成5年(1993年12月日本で初の世界遺産に指定された。
                                                                           世界文化遺産国宝姫路城案内図



(現地案内板より)



大手門と桜門橋 姫路城 姫路城石垣
菱の門番所 西の丸 紅葉
井戸 いの門 ろの門
はの門 燈籠の台石 化粧櫓
はの門からにの門への通路 姫路城天守群 油壁(あぶらかべ)・ほの門
井戸 姥(うば)が石 下から見た天守閣
乾小天守・西小天守 西小天守・水五門 東・西大柱
城内部 城の階段 ここにも大柱
鯱(しゃち) 天守閣 最上階 姫路駅方面
美術館方面 西の丸方面 シロトピア記念公園
天守の内側 忍者 井郭櫓
搦手門 搦手から見た大天守 搦手の紅葉
との四門 武具掛 秋の姫路城
姫路城 濠と姫路城 姫路城



まるちゃんの気まま旅日記ホームへ