まるちゃんの気まま旅日記 本文へジャンプ
 


赤とんぼの碑 GoogleMap




赤とんぼの碑
龍野に生まれ龍野に育った三木露風は、北原白秋とともに日本詩史上「白露時代」を築きあげた象徴派の詩人、この赤とんぼの碑追想調の童謡「赤とんぼ」に因んで建てられたものです。
晩年は龍野名誉市民として顕彰を受け紫綬褒章を授けられて、東京の三鷹市で悠々自適の生活を送られていましたが、昭和32年12月29日76歳の生涯を閉じられました。



   

三木露風レリーフ
赤とんぼ」は龍野市が生んだ天才詩人三木露風先生が大正十年に作詞され昭和2年斬界の第一人者山田耕筰先生によって作曲されました。
この歌は童謡の中の傑作として多くの人々に愛され親しまれています。
ここに両先生の歌曲を記念して碑を建てました。
       昭和40年5月   龍野観光協会

赤とんぼ
夕焼け小焼けの 赤とんぼ 負われて見たのは いつの日か
山の畑の 桑の実を 小籠に摘んだは まぼろしか
十五で姐やは 嫁に行き お里のたよりも 絶えはてた
夕焼小焼の 赤とんぼ とまっているよ 竿の先
         露風



まるちゃんの気まま旅日記ホームへ