まるちゃんの気まま旅日記

城下町松江 GoogleMap
     
     松江城  
     
   嫁ヶ島    月照寺  
  慶長6(1611)年、堀尾吉春が5年の歳月をかけて松江城を築城して以来400年、松江は出雲の国の城下町として発展し、現在でも山陰地方の中心地としての地位を保っている。
汽水湖として知られる宍道湖と中海を中心に北側は橋北、南側は橋南と呼ばれ、大阪や広島と並ぶ水の都である。

嫁ヶ島の由来
宍道湖に浮かぶ唯一の島で、東西に長く、全長110m、幅約30m、周囲240mの扁平な形をしています。
島の西側には弁天様を祀る竹生島神社の小祠があり、東側には鳥居もあって30本ばかりの松が風情をそえています。
昔は、もっと少なかったのですが、昭和の初め松江出身の総理大臣、若槻禮次郎が苗木を寄贈し、多くなりました。
奈良時代にできた「出雲風土記」には蚊島とあり、いつのころからか、これに可憐な嫁島の字があてられ、悲運の若妻の伝説も加わり、嫁ヶ島の呼び名になったといわれています。
この風景、最近テレビでよく見ませんか?そうです、あのNHK朝の連続テレビ小説「だんだん」で、よく放映されているる風景です。
島の名前「嫁ヶ島」というのですね。
 
     
宍道湖大橋 宍道湖 島根県立美術館
嫁ヶ島残照 ぐるっと松江堀川めぐり 小泉八雲記念館
小泉八雲旧居 武家屋敷 塩見縄手
書状集箱 レイクライン
観光ループバス レイクライン
JR松江駅7番乗場より運行 1回乗車券 大人200円 小人100円 1日乗車券(1日に限り何回でも乗車可能) 大人500円 小人250円
時間:4月〜9月 JR松江駅発車時刻 8:40〜18:15(20分間隔) 17:35〜18:15は嫁ヶ島運行ルート
   10月・11月・3月 JR松江駅発車時刻 8:40〜17:55(20分間隔) 16:20〜17:55便は嫁ヶ島運行ルート
   12月〜2月 別ダイヤで運行
乗車券発売場所:松江市交通局・国際観光案内所・松江テルサ・レイクラインの車内
1日乗車券提示による割引有り:団体割引扱ー松江城・小泉八雲記念館・武家屋敷・堀川遊覧船・県立美術館
                    1割引ー宍道湖遊覧船はくちょう号
田部美術館 出雲そば処 八雲庵 菓子老舗 風流堂
手打ち 神代そば シジミ採り

まるちゃんの気まま旅日記ホームへ